【画期的デザイン】スノーピーク HOME&CAMPバーナー |普段使い・アウトドア・防災グッズ

【画期的デザイン!】カセットコンロ 楽に持ち運び 普段使い&アウトドア&防災グッズ

記事内に広告リンクが含まれる場合があります。
消費者庁の景品表示法の一部変更(2023年10月1日施行)に伴う表記をしております。

大災害が起こると、ガスが止まる恐れがあるため、カセットコンロは必需品です。本記事では、防災士・気象予報士がおすすめのカセットコンロをレビューします。

Cast
Cast

おすすめは「スノーピーク HOME&CAMP バーナー」です。

この記事を読めば、ガスが止まっても、温かい食事や飲み物をとれるなどのメリットが分かります

日常使いからキャンプまで大活躍するアイテムです。

カセットコンロを準備できていない人やインテリア・キャンプギアにこだわりたい方もぜひご覧くださいね。

おすすめできる人

  • インテリアになじむデザインが良い
  • 普段使いだけでなく防災用としても併用したい
  • スペックの高さと携帯性を両立させたい

目次 非表示

目次へ

【レビュー】スノーピーク HOME&CAMP バーナー|実際に調理

レビュー画像

アウトドア用品で有名な新潟に本社を置くメーカー「snow peak(スノーピーク)」の製品です。

Cast
Cast

全製品に保証書がなく、なんと永久保証

洗練されたデザインが多く、今回の「HOME&CAMP バーナー」もそのひとつ。

【組み立て】慣れれば5秒で完了

外箱

カセットコンロにもかかわらず、立体的です。一目で普通のコンロではないと分かります。

HOME&CAMP バーナー(開封後)

美しいフォルムをしています。

外側

カバーを開き、コンロの内部を矢印の方向に回転させます。

HOME&CAMP バーナー(開封後本体中)

ゴトク(脚)を開くと本体は完成します。

コンロ全体
Cast
Cast

最初は戸惑いましたが、慣れれば5秒ほどで組み立てられます。

次にガスボンベをピンク枠のようにセット。簡単な取り付けです。

組み立てから着火までの動画を掲載します。

【使用感】コンパクトながら十分な火力

試しにキャンプの定番、カレーを4人分作り、使用感を調べました。

料理開始

鍋の大きさは直径約24cmと少し大きめですが、余裕で置けて安定感もあります。

調理中
Cast
Cast

調理中、見えていないですが、野菜の下でお肉が焼かれています。

火力調整の表示は一応3段階になっていますが、ツマミを少し回すことで火力の微調整が可能です。

強火

写真は強火。十分すぎる火力でしたので弱〜中火で調理しました。

Cast
Cast

30〜40分ほどでカレーができました。具材もよく火が通っており、トロトロでおいしい。

使用直後でも収納するために触れる箇所は熱くなく、すぐに収納可能です。

ただ、注意が必要なため、少し時間を空ける方が良いです。設置する場所が熱に弱い場合は、以下の専用断熱シートを活用しましょう。

写真は使用後の状態ですが、特に汚れは付いていません。

バーナー部分

汚れがあったとしてもパーツ同士が離れているため、お手入れしやすいです。

【スペック】スノーピーク HOME&CAMP バーナー |画期的デザイン・高い携帯性

スペック

「HOME&CAMP バーナー」のスペックなどをご紹介します。

スペック概要【イワタニ製品と比較】

カセットコンロ界の王者「イワタニ」(シェア85%)の小型コンロ「カセットフー プチスリムⅡ」のスペックと比較します。

Cast
Cast

イワタニ「カセットフー プチスリムⅡ」も防災グッズとして持っています。

赤文字の項目は相手製品に比べ優れている点です。

製品HOME&CAMPバーナー
(スノーピーク)
カセットフープチスリムⅡ
(イワタニ)
サイズ(cm)34.6×30.1×12.0(高さ)
9.0×12.0×25.5(収納時)
27.9×18.5×8.5(高さ)
重量1.4kg1.0kg
最大火力2,100kcal/h1,600kcal/h
連続燃焼時間110分112分
安全装置・ガス遮断装置
(異常圧力時)
・容器装着安全装置
(スイッチONだと
ボンベ装着不可)
同左
ヒートパネル
(燃焼効率UP)
ありなし
バーナー形状内炎式 (高加熱)外炎式 (熱が逃げやすい)
対応鍋サイズ14〜30cm11〜20cm
カラーブラック/カーキ/シルバーオレンジゴールド
参考価格12,000円前後3,500円前後

【特徴】スノーピーク HOME&CAMP バーナー|コンパクト・充分な火力

「スノーピーク HOME&CAMP バーナー」の特徴や強みをまとめます。

【コンパクト】収納・保管場所をとらない

コンロをたたむとボトル状になるため、かなりコンパクトに変化します。縦にも横に置けるのは保管に便利です。

バーナー縦置き・横置き比較

【画期的デザイン】機能美・魅せるフォルム

外観

バーナーや脚をボトル内に収納でき、ムダがありません。「魅せるカセットコンロ」に変化します。

外観(横)

通常、コンロは収納棚に仕まいますが、HOME&CAMP バーナーは外に出したままでもインテリアに調和します。

【高い携帯性】使う場所を選ばない|防災上も重要

ボトル状のため、リュックなどに入れやすく持ち運びが楽々。

車中・テント泊などプライバシー重視の避難をする場合、重要な火力源になります。

リュック収納時写真

日帰り登山用の小型ザック(24L)にもすっぽりと収納できます。直接の収納に抵抗がある方は以下の専用のケースもあります。

【内炎式】高い燃焼効率・風に強い

写真のように炎が内側から出るのが「内炎式」です。

Cast
Cast

内炎式だと炎が分散しにくいため、高い燃焼効率になります。

逆に外炎式だと熱が分散し、燃焼効率が下がります。外炎式に比べ内炎式は耐風性が高いです。アウトドア用に適しています。

【様々な鍋に対応】単身から大家族まで一気に調理

小鍋から大鍋(直径14〜30cm)まで置けるため、様々な家庭での食事に対応しています。

Cast
Cast

調理できるメニューの幅も広がりますね。

鍋のサイズと食事人数の関係は以下のとおり。

  • 5号サイズ(15cm前後):1人用
  • 6号サイズ(18cm前後):1〜2人用
  • 7号サイズ(21cm前後):2〜3人用
  • 8号サイズ(24cm前後):3〜4人用
  • 9号サイズ(27cm前後):4〜5人用
  • 10号サイズ(30cm前後):5〜6人用 (鍋によっては30cmを超え、置けない可能性あり)

好みのカラーを選べる|ブラック/カーキ/シルバー

出典:スノーピーク公式ページ
Cast
Cast

お好みに合わせて3色から選べるのはうれしいですよね。

一般的なカセットコンロより高価|キャンプギアとしては適正価格

イワタニの家庭用カセットコンロより高価です。

ただ、HOME&CAMP バーナーはキャンプギアです。キャンプギアとしてのスペックを考慮すると十分に適正価格です(イワタニもアウトドア用コンロは10,000円前後)。

【注意点】ダッチオーブン使用不可・ガスボンベの互換性/保管年数など

HOME&CAMP バーナー(開封後)

カセットコンロの使用では、以下3点の注意事項があります。

ダッチオーブンは使用できない

ダッチオーブン

ダッチオーブン(分厚い金属/セラミック鍋など)は主に焚火や炭火用の調理器具です。

輻射熱が強く、コンロ本体が異常高熱になるため、HOME&CAMP バーナーでは使用不可(イワタニ製も同様)。

専用ガスボンベ「ギガパワーガス CB ブタン」保管年数は7年

ガスボンベセット

HOME&CAMP バーナーには、専用ボンベ「ギガパワーガス CB ブタン(GPC-250CB)」があります。やむを得ない理由がなければ、専用ボンベを使用しましょう。

他メーカーのボンベは使えないのか?

試したところイワタニのボンベでも使用可能でした。ただ、メーカーは品質保証しておりません。ご使用は自己責任でお願いします。

Cast
Cast

ガスボンベ(同容量)はイワタニよりスノーピークの方が安いです。

イワタニが約440円/本に対して、スノーピークは約330円/本です。多頻度ユーザーや防災備蓄にとっては助かりますね。

ガスボンベは製造後7年以内を目安に使用する必要があります(イワタニ製も同様)。

普段あまりコンロを使用されない人は「カレーを作るときはカセットコンロを使う」などと決めておけば、自然とボンベを使用&買い替えができるのでおすすめです。

防災グッズに適しないコンロ【縦型コンロは使用しない】

防災に適さないコンロがあります。登山などで使用する以下のような縦型コンロです。

縦型バーナー

大地震であれば被災後に余震・本震が数時間・数週間以上続く傾向があります。

Cast
Cast

安定性の低い縦型だと転倒し、やけどの恐れ、最悪火災の可能性があります。

やむを得ず使用する場合はしっかりと支え、すぐに消火できる体制をとってください。

【防災】カセットコンロは本当に必要?|カセットボンベは何本必要?

カセットコンロは本当に必要なのか・必要なボンベ数は?

防災グッズとして、カセットコンロは本当に必要か・必要なボンベ数を説明します。

【必須アイテム】災害時の食事・消毒・洗身などに必要

大災害時、ライフライン(電気・ガス・水道)が損傷する可能性があります。

ガスコンロ停止中

ガスは復旧まで1ヶ月ほどかかる恐れがあります(詳細は以下記事参照)。

【発生確率90%超!?】防災準備が今すぐに必要な重大な理由|簡単解説

ガスが止まれば食事などが難しくなるため、カセットコンロは必須アイテムです。ガスを使用しないオール電化の家庭でもカセットコンロは必要

Cast
Cast

「電気」に依存しているため、停電が起こると食事できません。

主に以下の3項目でカセットコンロが必要になります。

食事・飲み物

温かい食事

レトルト食品や生鮮食品があれば熱湯が必要。特に冬季の災害であれば、誰もが温かいご飯(飲み物)をとりたいです。

消毒

煮沸消毒

乳幼児の哺乳瓶など繰り返し使用するものは煮沸消毒が必要です(断水も発生していると洗い物が困難)。

洗身

洗身参考画像

ボディシートなどで身体を拭くこともできますが、こちらも冬季であれば、冷たく感じます。

コンロで温めたタオル・お湯で洗身できれば、血行促進にもなり、身体的・精神的ストレスの軽減になります。

【必要量】ガスボンベは1人につき2〜5本(3〜7日分)必要

1人につき最低3日分で2本、可能なら1週間分で5本必要(備蓄期間の詳細は以下の記事を参照)。

【最低限】防災グッズ 絶対に必要なモノ13選 チェックリスト付き

ガスボンベの必要量|算出前提
  • 使用時期:冬(冬はガスを多く使う)
  • 使用先:1日3回の調理、飲料温め、煮沸(総水量2L/人)
  • ガスボンベ:CB缶 容量250g(一般的な大きさ・スノーピークガスボンベもこちらに該当)
Cast
Cast

3人家族で1週間分だと15本になるから結構多いです。

買いだめし、日常使いである程度なくなったら、補充するのがおすすめです(ローリングストック法)。

※15本は1人につき5本/1週間×3人分で計算

総必要本数はケースバイケースのため目安です。人数による単純計算で算出。夏季や家族分まとめて調理するなどガスの使用量が少ない場合は15本以下になる場合があります。

【まとめ】スノーピーク HOME&CAMP バーナーをおすすめできる人

スペック

普段使い&防災グッズにもなるオシャレなアイテムをご紹介しました。大災害時も温かい食事をとれるなどメリットは非常に大きいです。

「日常生活」に「防災グッズ」が美しくマッチし一石二鳥

以下は「HOME&CAMP バーナー」をおすすめできる人のポイントです。

おすすめできる人

  • インテリアになじむデザインが良い
  • 普段使いだけでなく防災用としても併用したい
  • スペックの高さと携帯性を両立させたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA