【デメリットも知ろう】ウォーターサーバーの基本を全部解説|後悔する前にチェック

【デメリットも知ろう】ウォーターサーバーの基本を全部解説|後悔する前にチェック

ウォーターサーバーのメリットは大きいです。ただ、基本知識やデメリットをよく理解しないまま契約し、後悔する人が多いのも事実。

Tsuma
Tsuma

多くのウォーターサーバーがあり、料金も分かりにくい…。

本記事では、ウォーターサーバーの基本からデメリット・メリット、料金体系などを解説します。基本知識がグッと深まるので、サーバー設置後に後悔しません。

Cast
Cast

防災士の私が大災害時に役立つサーバーもご紹介します。

生活・育児が楽になり、断水時に役立つウォーターサーバーを7種類厳選しました。

>>おすすめのウォーターサーバー7選

ぜひ納得されてからベストのウォーターサーバーを設置くださいね。

目次 非表示

目次へ

【種類】ウォーターサーバー|宅配・水道直結・浄水タイプの3つ

【種類】ウォーターサーバー|宅配・水道直結・浄水タイプの3つ

ウォーターサーバーは主に以下の3種類あります。

本サイトでは「宅配タイプ」おすすめしています。「水道直結・浄水タイプ」は断水すると使えないからです。それぞれのタイプを説明します。

宅配タイプ【大容量のお水を備蓄できる】

ウォーターサーバーで最も一般的なタイプです。

メリット

  • お好みの場所に設置できる
  • 断水してもお水を飲める

デメリット

  • ウォーターボトルを都度補充しないといけない

水道直結タイプ【お水の補充が不要】

日常生活では便利なタイプです。

メリット

  • お水の補充が不要

デメリット

  • 水道管につなげる初期工事が必要
  • キッチン回りにしか設置できない
  • 断水時に使えなくなる

浄水タイプ【新しいタイプ】

こちらも日常生活では便利なタイプです。

メリット

  • お好みの場所に設置できる

デメリット

  • 水道水を都度補充しないといけない
  • 断水時に使えなくなる

3種類とも安心安全なお水です。ただ、防災上「宅配タイプ」がベストです。巨大地震はいつ起こってもおかしくありません。

>>防災準備が今すぐ必要な重大な理由

Cast
Cast

断水したときにお水が飲めないと意味がありません。

断水に備えて「保存水」を用意している方は「水道直結・浄水タイプ」で問題ありません。

>>おすすめの保存水「カムイワッカ麗水 15年保存」

【デメリット】お水/電気代などのコスト・場所を取る・解約違約金

【デメリット】お水/電気代などのコスト・場所を取る・解約違約金

ウォーターサーバーのデメリットは大きく以下の3つあります。

【コスト】お水・電気代など|毎月4,000〜4,500円ほど

ウォーターサーバーの料金はお安い種類でも毎月3,500円前後電気代は毎月500〜1,000円ほどです。

Cast
Cast

トータルで毎月4,500円ほどかかります。

家族が多いと飲むお水の量も増えるので、より高くなります。

家族構成
(飲用)
消費量
(目安)
トータル料金
(目安)
1人24L4,500円
2人36L5,500円
3人
(夫婦+子供)
48L6,500円
4人
(夫婦+子供2人)
60L7,500円

市販のミネラルウォーターとコストの比較をします。

【目安】大人1人が月に24L消費

・ウォーターサーバー:4,500円

・市販のミネラルウォーター:1,200円(2Lのペットボトル12本×100円)

ウォーターサーバーの方が毎月3,300円高い

ウォーターサーバーの方が毎日100円高いです。ただ、すぐに冷温水が飲める・重いペットボトルを運ばなくて良いなどメリットがあります(詳細は後述)。

Cast
Cast

生活が豊かになるサーバー。ただ、本当に必要かよく考えましょう。

【場所】A4×2枚分のスペース|家電だと考えよう

ウォーターサーバーは家電です。A4サイズの紙2枚分のスペースに高さ50cm〜140cmほどの大きさ。

【場所】A4×2枚分のスペース|家電だと考えよう

自宅のスペースが限られる場合は、事前に置き場所をイメージしておきましょう。

Cast
Cast

補充・備蓄用ウォーターボトルの保管場所も必要です。

こちらも置き場所を事前にチェックしましょう。

>>必要な備蓄量の詳細はこちら(1人につき3L × 3〜7日分)

ただ、ウォーターボトルは10L前後と大容量なので、ペットボトルを数〜数十本、備蓄するより場所は取りません

【違約金】最大16,500円ほど|1〜3年以内に解約した場合

ウォーターサーバーは1〜3年の年間単位での契約がメインです。

契約期間内にやめると解約違約金10,000〜16,500円ほどかかります。

ただ、ウォーターサーバーの「乗り換え」は、乗り換え先が違約金を負担し、実質無料になる場合が多いので問題ありません。

Cast
Cast

さらにお水の配送を中断できるサーバーもあります。

お水の配送を中断し、月額料金を一時的に下げられます。

ウォーターサーバーをあまり使わない期間は、注文せずに月額料金を下げて対応しましょう(詳細は後述)。

【メリット】身体に良いお水・パッと出る冷温水・1分でミルク作り・自宅がカフェに・お水の備蓄

【メリット】身体に良いお水・パッと出る冷温水・1分でミルク作り・自宅がカフェに・お水の備蓄

ウォーターサーバーのメリットは多くあります。暮らしが豊かになり、非常時も飲料水に困りません。

身体に良いお水を飲める|水道水はカルキ入り・口に合わないことも

水道水は安全です。ただ、カルキなどの添加物が含まれ、人によっては口に合いません。自宅周辺の給水管が劣化していると鉄さびを含んでいる可能性が高いです。

Cast
Cast

健康のためには「天然水」がベストです。

特に身体がデリケートで胃腸の弱い赤ちゃんには「天然水」を飲ませたいです。

Tsuma
Tsuma

人は身体の多くが水分だしね。

身体にしめる水の割合

さらに市販の重いミネラルウォーターを運ばなくて良いです。

パッと出る冷水・温水でQOLアップ|お水を飲む習慣がつく

ボタン一つでお水が出るので、朝の忙しい時間帯でも簡単に水分補給できます。温度調整もできるので、お湯で身体・胃腸を温められ、目覚めが良くなります。

Cast
Cast

料理でも天然水のミネラルが加わり簡単においしいご飯を炊けます。

熱湯も出るので、インスタントラーメン・コーヒーをすぐに飲食できます。お水を沸かす手間をカットしましょう。

ミルク作りが1分でできる|パパママの味方

育児パパママが避けて通れないのが赤ちゃんのミルク作り。

Tsuma
Tsuma

特に真夜中や大泣き中の作業は大変…。

ウォーターサーバーなら、お湯がすぐ出るので1分もかからずミルクを作れます。冷水も出るので、温度調整も簡単。

水道水はカルキ抜きなどでミルク作りに10分ほどかかります。かなり時短でき育児が楽になります。

カフェ機能付きならコーヒー・お茶がその場で飲める

カフェ機能付きならコーヒー・お茶がその場で飲める

ウォーターサーバーがカフェ機能付きなら、コーヒーやお茶をその場で簡単に作れます。帰宅後すぐにくつろげます。

Cast
Cast

外出前やお客様が来たときに、飲み物をすぐに用意できるのもうれしい。

コーヒーメーカーがいらないので、家電の収納スペースを減らせます。コップや砂糖、ミルクなどをサーバー周辺にまとめておけば、ほとんど移動せずに飲み物を作れます。

おしゃれなカフェタイムを手軽に楽しめるだけでなく、スッキリとした空間にもなります。

>>おすすめのカフェ機能付きウォーターサーバーはこちら

もしもに備えた水の備蓄ができる|水は防災グッズで一番重要

ウォーターサーバーは非常時にも役立ちます。替えのウォーターボトルを置いておけば水の備蓄になります。

断水は1週間ほど続くこともあります。水は生きるのに欠かせません。

Cast
Cast

備蓄水は防災グッズで真っ先に用意すべきアイテムです。

>>必要な備蓄量の詳細はこちら(1人につき3L × 3〜7日分)

【一覧】ウォーターサーバーのメリットとデメリット

【一覧】ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 身体にやさしいお水を飲める
  • パッと出る冷水・温水でQOLアップ
  • 赤ちゃんのミルク作りが1分でできる
  • 災害に備えた水の備蓄ができる

デメリット

  • 市販のミネラルウォーターより高い
  • ウォーターサーバーの置き場が必要
  • 契約をやめるには違約金がかかる

後悔しないようにメリット・デメリットをよく理解されてからウォーターサーバーの導入を決めてくださいね。

>>おすすめのウォーターサーバー7選

【料金体系】分かりやすく解説|宅配タイプのウォーターサーバー

 【料金体系】分かりやすく解説|宅配タイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの料金体系は複雑で分かりにくいです。後から「思っていた料金より高い」とならないよう、どこよりも分かりやすく説明しますのでご安心ください。

毎月のウォーターサーバー代の内訳は上図の5つに分けられます。それぞれ解説します。

お水代

料金の大半がお水代です。家族の人数や使い方(料理にも使うなど)により料金が変わります。以下は家族構成ごとの目安です。

家族構成消費量
(目安)
お水代
(目安)
1人24L3,500円
2人36L4,500円
3人
(夫婦+子供)
48L5,500円
4人
(夫婦+子供2人)
60L6,500円
【注意】最低注文数(注文ノルマ)
一時的に注文を休止

毎月の注文本数が決まっていることが多いです。多くは毎月2本(24L)以上の注文が必要。

ただ、一時的に注文を中断できるサービスもあります。

あまり飲まなかった月や旅行など長期不在時は活用しましょう。さらに最低注文数がないウォーターサーバーもあります。

>>おすすめのウォーターサーバーはこちら

配送料

多くは送料無料です。ただ、沖縄や一部離島などは500円ほどかかることがあります。

サーバーレンタル代

多くは0〜500円ほどです。ただ、カフェ機能付きや高いデザイン性のサーバーは1,000〜2,000円ほどかかります。

オプション代

サーバーの破損を補償する700円ほどのオプションなどがあります。ただ、故障時のメンテナンスはほとんどが無料です。

電気代

500〜1,000円ほどかかります。多くのサーバーはお水の温度調整を弱めるECOモードがあります。冷水や熱湯を使わない場合は、ECOモードで電気代を節約できます。

以上の料金が毎月発生します。決して安い値段ではありません。

Cast
Cast

価格に見合うメリットがあるかよく検討しましょう。

トータル料金(すべて込み)

すべて合わせた費用を掲載します。実質払う料金です(目安)。

家族構成
(飲用)
消費量
(目安)
トータル料金
(目安)
1人24L4,500円
2人36L5,500円
3人
(夫婦+子供)
48L6,500円
4人
(夫婦+子供2人)
60L7,500円

【お水の種類】天然水とRO水の2種類

【お水の種類】天然水とRO水の2種類
天然水も工場で厳格に品質管理されています

ウォーターサーバーのお水には「天然水」と「RO水」の2種類があります。

天然水は自然の浄水により、ミネラル分が豊富で健康に良いとされています。

一方、RO水は人工的に浄水された水で、ミネラル分が少ないです。天然水より安い傾向もあります。

Cast
Cast

現在はミネラルが含まれ口当たりの良い、天然水が主流です。

赤ちゃんには、ほぼ純水のRO水が良いですが、天然水でもまったく問題ありません。

どちらを選ぶかは、お水の使い方や個人のお好みに合わせて決めると良いでしょう。

【ウォーターボトルの種類】使い捨てタイプと使い置きタイプの2種類

【ウォーターボトルの種類】使い捨てタイプとガロンタイプの2種類

ウォーターサーバーのボトルには「使い捨てタイプ」と「使い置きタイプ」の2種類があります。以下に特徴をまとめます。

使い捨てタイプ(ワンウェイボトル)

メリット

  • 使い終わればすぐに捨てられる(ほぼペットボトル)
  • ボトルを圧縮できるのでスペースを取らない

デメリット

  • 形状により微量のお水がボトルに残る

使い置きタイプ(ガロンボトル)

メリット

  • ハードな素材で持ちやすく衝撃に強い
  • 形状が変わらないのでお水を最後まで使い切れる

デメリット

  • 空容器がたまる(お水の配送時に業者が持ち帰る)

サーバー会社によりボトルの種類が異なります。

Cast
Cast

現在は使い勝手の良い、使い捨てタイプが主流です。

当サイトのおすすめのウォーターサーバー7選ではボトルの種類も分かるようまとめております。

【まとめ】失敗しないウォーターサーバー選びをしよう

【まとめ】失敗しないウォーターサーバー選びをしよう

ウォーターサーバーは安くはありません。ただ、その分メリットは大きいです。

Cast
Cast

暮らしが健康的に、貴重な時間の節約や育児も楽になります。

水の備蓄になり、断水時の飲み水を確保できます。QOL向上と防災どちらもでき一石二鳥です。

以下記事でおすすめのウォーターサーバーをご紹介しています。

すべてコスパ最強で防災アイテムとして優秀です。多くのウォーターサーバーから7種類に厳選。価格や機能性などニーズごとにもランキングしました。

Cast
Cast

ぜひご自身にぴったりのウォーターサーバーを見つけてくださいね。

サービス名月額料金
(ほぼ実質金額)
※電気代除く
500mL
換算
(最安値)
水の
種類
ボトルの
種類
主な特徴詳細
うるのん3,570円~74円天然水使い捨て子育て割引
サーバー交換無料
・乗り換え割引
プレミアム
ウォーター
3,542円~80円天然水使い捨て子育て割引
サービス中断可能
・乗り換え割引
口コミなど
アクアクララ550円~
※水代は別途
(2,808円~)
70円RO水使い置き
(ガロン)
子育て割引
カフェ機能付きサーバーあり
水を好きなタイミングで注文可
・乗り換え割引
口コミなど
フレシャス0円~
※水代は別途
(4,992円~)
85円天然水使い捨てカフェ機能付きサーバーあり
・サービス中断可能
・乗り換え割引
口コミなど
アルピナ629円~
※水代は別途
(3,758円~)
58円RO水使い置き
(ガロン)
水を好きなタイミングで注文可口コミなど
デイリー
ウォーター
3,974円~83円天然水使い捨て契約最短6ヶ月
・サービス中断可
日本の山水4,278円~89円天然水使い捨て3種類の天然水あり
・サービス中断可

【選び方解説】おすすめのウォーターサーバー7選|備蓄できる・断水時も安心!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA